EDは薬がなくても治る場合があります

EDは医薬品で治すものだと言われています。
事実、重度のEDになりますと、医薬品の力を使うしかありません。
自力での克服は難しく、重度EDのままでは、健康的な性生活を送る事は出来なくなります。
そのため、多くのEDの男性は医薬品を使って、コンプレックスを治します。
特に年配の方は、自然治癒力が落ちているため、時間経過でEDが治る可能性はとても低いです。

ただし、一方で若年性EDの場合は医薬品だけが改善策ではありません。
20代から30代の男性もまた、ふとしたきっかけでペニスの機能が喪失する事があります。
男性機能は主に加齢が原因で減退しますが、若年性EDという問題が別にあり、体力と精力が本来、充実しているはずの20代から30代の方も、勃起が難しくなったり、中折れに苦しんだりと、性生活におけるコンプレックスを抱えます。

若年性EDは医薬品を使う事なく、治る可能性が高いです。
男性機能の回復は、素人だけでは難しいと言われていますが、まだ年齢的に若い20代から30代の男性であれば、生活習慣の改善で克服する事が出来ます。
睡眠時間を改善する、食事の内容を改善する、ストレスフルな暮らしを改善する、性生活の頻度を見直す等、色々な改善策が家庭の中だけでも実践する事が出来ます。

若年性EDは突然現れる事が多く、まだ若いのにペニスが勃起しなくなる事に焦ってしまい、すぐに医薬品に手を伸ばす人々が多いのも事実です。
目の前に子作りや新婚生活の時期が迫っていると、藁にも縋る思いで医薬品に手を伸ばすしてしまうのは普通の事です。
しかし、医薬品を服用だけが改善策ではなく、睡眠時間を意識的に増やしたり、亜鉛やミネラルやタンパク質を含む食事を積極的に取ったり、男女二人で話し合って性生活の回数をコントロールする、ストレス解消のために海外へ思い切ってバカンスに出かける等、こういった家庭レベルの対策を講じる事で、案外簡単に治る場合があります。

若年性EDの原因とは

若年性EDの原因ですが、ストレスが大きな要因です。
加齢の影響についてですが、20代から30代であれば、ほとんどのリスクはありません。
加齢が原因の男性機能の減退は早くても40代以降、平均すると50代以降から、体に分かるレベルで生じて来ます。

そのため、20代から30代が抱える若年性EDの原因は、主に家庭でのストレスや職場で受ける心労、そして人間関係による悩みなど、限りなくメンタルに起因するものとなります。
また性行為への無意識レベルでの恐怖があると、普段は心身ともに健康的な若者も、EDになります。

ベッドの上で女性と性行為をする時のみ、突発的なED体質になる、というケースがあります。
その原因は過去の恋愛による失敗、過去に女性にセックスのやり方やペニスを馬鹿にされた事がある等のトラウマとなります。
また再びベッドの上で、女性から酷い言葉を言われたらどうしよう、昔やってしまった失敗を今度も繰り返してしまうのではないか、こういった漠然とした無意識的な不安感が、男性の脳裏に浮かんでいると、ペニスは強いストレスに負けてしまいます。

本人の意識ではセックスをするため、ペニスを勃起させたいと思っていても、心の奥底に恋愛や性行為へのトラウマが存在していると、それが無意識的にフラッシュバックして、男性の心を痛めつけます。

若年性EDの原因は、主にメンタルに起因する問題であり、肉体的な原因ではありません。
真面目な男性は仕事のやり過ぎで、ワーカホリック気味な暮らしが常態化している事が多く、バリバリと毎日勤勉に働く暮らしが原因で、ストレスが脳に蓄積していき、それが若年性EDを引き起こしています。
休む事もまた大切な事、真面目過ぎる日本人男性はこの視点を持たなければいけません。

このサイトについて

シルデナフィルにバルデナフィル、勃起不全を解消するための成分は様々ありますが僕の体に一番合ったのは「タダラフィル」です。シアリスの成分でとにかく効果時間が長い!色々なED治療薬を試してきた僕の目線でブログを更新します。

フォローはこちら