膣内射精障害という症状と原因

膣内射精障害とは男女で性交した際に、膣内で射精をする事が出来ない症状の事です。
特徴は膣内でのみ射精が困難な事で、その他の方法では射精が可能である点が特徴としてあげられます。
この症状は多くの男性に見られていて、実際に性交時に悩む男性も多いです。
最悪の場合には不妊の原因にもなる病気です。

膣内射精障害は男性だけではなく、女性にも自分の力不足などを感じさせてしまう病気で、お互いに満足できない事が多くなって、お互いのモチベーションも低下します。
膣内射精障害の原因とされているのが、自慰行為と実際の性交でのペニスに加わる圧力の差です。

自慰行為では自分の手を使い射精に至る為、ペニスを強く握り過ぎてしまいます。
ペニスを強く握り過ぎる自慰行為を何度も日常的に繰り返す事で、強い圧力と刺激で射精する事が習慣になってしまいます。

自慰行為ではペニスに圧力が加わりやすい事に対して、膣内の刺激や圧力は自慰行為で加わる物よりも弱いです。
自慰行為での強い刺激で射精することが習慣になると、膣内の弱い刺激ではなかなか射精が行えなくなります。
過度な刺激や圧力を加える様な自慰行為を行う事で膣内の弱い刺激では射精が行えなくなります。

手を使った方法だけでなく、体重をかけたり様々な道具を使って自慰行為を行うことでも強い刺激が加わり膣内射精障害になりがちです。

普段からの自慰行為だけではなく、性交中の興奮が足りないという原因でも膣内射精障害になってしまうケースもあります。
普段から非常に刺激の強い内容や好きなジャンルのアダルトビデオ等を見て自慰行為を行っていると、その様な行為が習慣になります。
その結果実際の性交相手に興奮できずに射精まで至らないという場合も多いです。

日頃から刺激の強い自慰行為や刺激の強いアダルトビデオなどを視聴していると、膣内の圧力と刺激に満足できなかったり、アダルトビデオの理想と実際の性交相手との差に興奮できない等の原因があります。

膣内射精障害の治療法

膣内射精障害の主な原因は自慰行為の際にペニスに過度な圧力が加わる事で、この点を改善できれば治療に繋がります。

薬を飲む方法でも膣内射精障害を克服することは可能ですが、一時的に症状が緩和される程度の場合も多いです。
根本から改善するには薬の服用はあまり良い方法ではありません。

普段から手を使い過度な圧力を加えていたり、体重をかけて強い刺激を加えている場合には、その様な方法での自慰をすぐにやめる必要があります。
圧力と刺激を弱めるために、体重をかける自慰行為はすぐに止めて、普段よりも少し手を緩めることを意識して、長時間かけて自慰行為を行う様に意識すると症状を改善することが可能です。
その他にも特殊な道具を使う方法や、特殊な方法で行う自慰も控える必要があります。

自慰行為での刺激を弱めるだけでなく、回数も減らすと治療に良いです。
1日に複数回の自慰行為を行っている場合には数日に1回程度に回数を減らすことでペニスへの刺激を抑えられます。

中でも治療に最適なグッズがオナホールで、膣内の構造や刺激を再現して作られている為に、手で行う自慰行為よりもペニスへ強い刺激を与える危険性がありません。
良い方法はオナホールで膣内の刺激と同等レベルの刺激で自慰行為を行って、ペニスを弱い刺激でも射精できるようにトレーニングする方法です。

自慰行為でのペニスへの刺激だけでなく、アダルトビデオを視聴する際の刺激にも注意が必要です。
アダルトビデオを視聴する回数や時間を減らして視覚的な強い刺激での自慰行為を止めれば膣内射精障害の治療が行えます。
自慰行為を行う時に必ずアダルトビデオを視聴するのではなく、基本的には想像等で行う事で視覚的な刺激を抑えられます。

このサイトについて

シルデナフィルにバルデナフィル、勃起不全を解消するための成分は様々ありますが僕の体に一番合ったのは「タダラフィル」です。シアリスの成分でとにかく効果時間が長い!色々なED治療薬を試してきた僕の目線でブログを更新します。

フォローはこちら