朝勃ちしないのはEDの予兆?

朝立ちは、男性にとっては身体が健康かどうかのバロメーターにもなります。
毎朝、もしくは1日おきにあるようですと、健康な状態と言えます。
朝立ちがなくなると、それは男性ホルモンが低下してきていることが原因かもしれません。
その場合は、男性ホルモン低下によるEDの前兆かもしれません。

朝立ちを考えた場合、10代から20歳前後の年代ではどうでしょうか。
ほぼ毎日朝立ちがありますし、とにかく元気です。
EDなんてどこ吹く風といった調子です。

しかし、年齢が高くなるに従い、朝立ちにならないことがチラホラと起きてきます。
この現象はEDの予兆と言われることがあります。
このようなEDの予兆は、特に朝立ちが起きるかどうかと、その頻度で分かると言われています。

また、朝立ちしないという現象以外に、気分が沈みがちになったり、やる気が起きないといった場合には、男性の更年期障害の可能性もあります。
男性更年期障害になると、男性ホルモンなどのテストステロンの分泌が低くなってきます。
その結果、朝立ちしないようなことが起きてきます。

この場合にはホルモンを充填することで解消されることが多く、40代以降の多くの男性がホルモンを必要とされているにもかかわらず、日本ではまだ認知度が低いようです。

男性ホルモンが低下した時に有効な方法として、筋トレが有名ですが、自宅で簡単にできる筋トレで意外と男性ホルモンの問題が解消されるため、最近注目が集まっています。
また、ちょっとしたランニングも血管を若く保つことができ、血流改善に良いようです。
ただし、あまり長距離を走ると、逆に男性ホルモンが下がるためお勧めではありません。

筋トレの場合、腕立て伏せや腹筋、ダンベルを使った筋トレも男性ホルモンを上げると言われています。
回数は、10回出来るか出来ないかくらいがちょうどいいと言われています。
このような方法でも、朝立ちしない場合には病院で男性ホルモンなのどの検査をしてみるといいでしょう。

朝勃ちのメカニズム

朝立ちは、10代から始まりますが、元気な方の場合60代や70代でもあると言われます。
朝起きる朝立ちは身体の生理現象ですが、健康のバロメーターとも言われています。
つまり、朝立ちがあるということは、血管も身体も健康だということになります。

夜寝ている時には睡眠周期があり、脳の眠りが浅いレム睡眠と脳の眠りが深いノンレム睡眠とがあります。
朝立ちのメカニズムですが、脳の眠りが浅いレム睡眠の時に夢を見たり勃起すると言われています
この勃起自体は性的な興奮のために起きるのではなく、生理現象で起きていると考えられています。

また、朝立ちが起きない場合には、男性ホルモンが低下している可能性が考えられます。
さらに血管に問題がある場合にも朝立ちが起きないことがあります。
この場合には、高血圧や糖尿病など動脈硬化などの要因があると朝立ちが起きないことがあります。

ただし、朝立ちのメカニズムとして、夜間勃起していたものが起きた瞬間にも勃起しているから朝立ちなのですが、夜間勃起して起きた時に勃起してないこともあります。
この場合には病院などで相談すると検査が可能なようです。

そのため、朝立ちが起きないからと不安になる必要はありません。
朝起きた段階で勃起してなくても、夜間しっかりと勃起していれば問題はありません。

もし、夜間にも勃起がないようでしたら、医師の指示に従う必要があります。
また継続的な運動をして、身体を健康体にすることで、再び朝起きた時に勃起することもあるようです。
気になる場合には、病院での検査や問診で原因を追究すると安心できます。
糖尿病であったり、動脈硬化の前兆の可能性もありますので、早めの病院が安心できます。

このサイトについて

シルデナフィルにバルデナフィル、勃起不全を解消するための成分は様々ありますが僕の体に一番合ったのは「タダラフィル」です。シアリスの成分でとにかく効果時間が長い!色々なED治療薬を試してきた僕の目線でブログを更新します。

フォローはこちら