バルデナフィルという成分の効果

バルデナフィルという成分は、医薬品の分類としてはPDE5型酵素阻害薬というジャンルに入っている薬です。
PDE5型酵素阻害薬というのは、その名前の通りにPDE5型酵素の働きを邪魔する薬にあたります。

PDE5型酵素阻害薬としての、バルデナフィルという医薬品の成分の効果について知るためには、まず最初に勃起の現象が起きてやがて勃起現象が終わりを迎える体内での仕組みについて理解することが必要です。

男性が性的に刺激を受けるなどして興奮状態になりますと、その体内には一酸化窒素の大量放出が見られます。
体内で発生した一酸化窒素は、血管拡張物質の生成を誘発するのが特徴です。
一酸化窒素により大量に生成が促された血管拡張物質によって、陰茎の海綿体の中を通っている太い動脈血管が拡張してそこに大量の血液が流入します。
海綿体内の動脈血管の拡張と、大量の血液がどっと流れ込むことによって血管が緊張して起きるのが男性の勃起現象です。

一方、勃起が終息する時には体内に元々ある酵素が作用します。
勃起終息時に作用するのが、PDE5型酵素という体内酵素です。
PDE5型酵素は、性的興奮時に一酸化窒素により生成を促された血管拡張物質を破壊する性質を持っています。
PDE5型酵素が作用することにより血管拡張物質が破壊され減少するので、性器の海綿体内の血管が緊張状態から弛緩状態となって血流量も低下し勃起が終わる仕組みです。

バルデナフィルという成分には、阻害薬としてPDE5型酵素の血管拡張物質を破壊する働きをブロックする効果があります。
バルデナフィルの成分が体内酵素の一種であるPDE5型酵素の働きを邪魔することで勃起の現象が起きるのに必要である血管拡張物質が破壊されるのを回避し、その結果として海綿体内の動脈血管の拡張・緊張と血流量が維持されることによって勃起の持続をサポートするのが、PDE5型酵素阻害薬の医薬品であるバルデナフィルという成分の効果です。

副作用と注意点について

どんな医薬品についても言えることですが、使用するにあたっては使用上の注意点や副作用症状について正しく理解しておくことが必要です。

PDE5型酵素阻害薬のバルデナフィルを使用すると、血管拡張物質を破壊する作用のある体内酵素のPDE5型酵素が働かなくなることで陰茎の海綿体の中の動脈血管の拡張と大量の血流が維持されます。
その結果として勃起の持続をサポートするのが、バルデナフィルという成分の効果です。

このようにバルデナフィルという成分は血管の拡張と大量の血液の流入に関わっているので、使用により血管の拡張と血流による副作用の症状が多くの方に発現します。
軽い頭痛、顔面のほてり・熱感や紅潮、白目の充血、動悸などはバルデナフィルを使用しことによる軽微な副作用の症状です。
これら副作用の症状についてはバルデナフィルを処方するクリニックの医師より説明がありますし、医師の指導を守って正しく使用していれば特に心配のいらない症状といえます。

バルデナフィルの使用上の注意点の第一は、血管の拡張作用により血圧低下の副作用が見られる可能性があることです。
よって高血圧のために降圧剤を使用している方が使用すると、バルデナフィルと降圧剤双方の作用により血圧が大幅かつ急激に低下してしまうことが考えられますので併用は禁忌とされています。
高血圧の他にも、心臓病などの循環器系の疾患のために硝酸系のニトログリセリンを筆頭に血管拡張作用のある医薬品を処方され使用している方は、やはり危険な血圧の低下が起こり得るため併用は禁止です。

バルデナフィルを処方するクリニックでは、心臓病や高血圧の既往歴や使用している医薬品について詳細な確認をしています。
バルデナフィルの安全な使用のためには、既往歴や使っている薬について医師に正しく申告して指導を受けることが最も大切です。

このサイトについて

シルデナフィルにバルデナフィル、勃起不全を解消するための成分は様々ありますが僕の体に一番合ったのは「タダラフィル」です。シアリスの成分でとにかく効果時間が長い!色々なED治療薬を試してきた僕の目線でブログを更新します。

フォローはこちら