シルデナフィルという成分の効果

クエン酸シルデナフィルという成分の効果は、PDE5型酵素阻害薬としてPDE5型酵素の作用をブロックするところにあります。
PDE5型酵素というのは、体内に元からあるたくさんの酵素の中の一種です。

PDE5型酵素の作用は、勃起現象の終息に関係しています。
クエン酸シルデナフィルという成分の効果について知るには、まず男性の勃起現象が起きてそして勃起現象が終息する仕組みを知ることが必要です。

男性が性的に刺激を受けるなどして興奮状態となると、体内では一酸化窒素が放出が見られます。
そして放出された一酸化窒素が誘因となって性器の細胞の中で血管拡張物質が大量に生成され、拡張した陰茎内の太い動脈血管において血流量が増加して圧が高くなるのが勃起現象が起きる仕組みです。

勃起現象の起きるメカニズムにおいて、クエン酸シルデナフィルが作用を阻害する体内酵素のPDE5型酵素は、体内で生成された血管拡張物質を壊す働きを持っています。
クエン酸シルデナフィルのこの働きにより血管拡張物質が破壊されると、拡張して大量の血液が流れ込んでいた性器内の動脈血管が弛緩して、同時に血流も低下し勃起現象が終息するメカニズムです。

医薬品のジャンルではPDE5型酵素の阻害薬であるクエン酸シルデナフィルを服用すると、その阻害効果によって体内酵素のPDE5型酵素の働きがブロックされます。
その結果として、体内の血管拡張物質が破壊されて減少することがないので陰茎の海綿体内では動脈血管の拡張が維持されて血流も減らず勃起現象が続くのがクエン酸シルデナフィルの勃起持続サポートの効果です。

クエン酸シルデナフィルの効果は飲食の影響を比較的受けやすく、よって空腹時に服用することでより効果が発揮されます。
処方を受けるクリニックで医師からの説明と指導がありますが、性行為の時間から逆算して適した時間に空腹の状態で服用することで血管拡張物質の破壊と血流の低下を阻止し、勃起現象を効果的に維持できます。

副作用と注意点について

どんな薬についても言えることですが、医薬品を使用する以上はその副作用や使用上の注意点について正しく理解しておくことが必須です。
クエン酸シルデナフィルという成分にも、副作用としてよく見られる症状があります。

クエン酸シルデナフィルの副作用症状は、PDE5型酵素の働きをシャットアウトすることによって血管の拡張が維持されて大量の血流が続くことによるものがほとんどです。
顔面の紅潮やほてり感・体の熱感・頭痛・目の充血・動悸などの症状が、クエン酸シルデナフィルの使用に伴い高い確率で発現します。
これらは、クエン酸シルデナフィルの軽微な副作用症状であり、処方を受けるクリニックで医師の指導を受けてそれを守って正しく服用すれば心配のいらない症状です。

使用上の注意点としては、血管の拡張に関わる効果があるためクエン酸シルデナフィルを使用することで血圧の低下の可能性があります。
そのため、高血圧症の既往があって降圧剤を使用している方がクエン酸シルデナフィルを使用するとシルデナフィルの血管拡張効果と降圧剤の両方の効果によって血圧が大幅にまた急激に低下し危険を伴う可能性があり併用は禁忌です。

高血圧症の方が処方される降圧剤の他にも、循環器系疾患の患者さんなどに処方される血管拡張効果のある医薬品はシルデナフィルとの併用は禁忌事項になっています。
その代表が、狭心症などに使われるニトログリセリンなど硝酸系の医薬品です。
硝酸系の薬は、クエン酸シルデナフィルとの併用によって生命に危険があるほどの血圧の急激で大幅な降下を引き起こす可能性があり併用は絶対禁忌とされています。

シルデナフィルを安全にまた最大の効果で使用するためには、処方を受けるクリニックで既往歴や使用している医薬品について正しく詳細に申告することが第一です。

このサイトについて

シルデナフィルにバルデナフィル、勃起不全を解消するための成分は様々ありますが僕の体に一番合ったのは「タダラフィル」です。シアリスの成分でとにかく効果時間が長い!色々なED治療薬を試してきた僕の目線でブログを更新します。

フォローはこちら