シアリスの入手方法

シアリスの入手方法として、病院で処方してもらうか医薬品の通販サイトで買うという2つの方法があります。
ドラッグストアや薬局では扱っていないので、市販薬として手に入れることはできません。
病院の場合は検査を受けて診断を受ける必要があり面倒ですが、医師のお墨付きを受けてから処方してもらえるので安心感があります。
また、医師に具体的な症状など相談ができるので精神的に安心することができます。
仮に一緒に飲んではいけない薬を使っていたとしても、お薬手帳などで医師や薬剤師が発見してくれるので安全です。

▼シアリスの病院処方についてはこちらをご覧下さい
シアリスは病院の処方から入手

もう一つの方法は、シアリスを扱っている医薬品の通販サイトから購入する方法です。
個人輸入代行業者という海外と日本の購入者の買い物の仲介をしてくれる業者を利用します。
代行しなくても購入することはできますが、英語が通じない販売者だと取引で失敗してしまう可能性もあり、失敗すると税関で没収されてしまうこともあります。

医薬品の個人輸入代行業者はその道のプロなので、面倒な手続きも全て代行してくれるので日本国内での通販サイトを利用するようにしてシアリスを手に入れることが可能です。
仲介手数料を支払う形になりますが、自分で手続きするよりも確実で安心なので業者を利用したほうがいいです。

個人輸入代行業者はたくさんいますが、どの業者も同じレベルの質のサービスを提供しているわけではありません。
中には偽物や粗悪品を多く扱っているようなお粗末なところもあります。
怪しい販売者と手を組んでいるような業者も0ではないので、その点はちゃんと確かめて利用することが大切です。

安全な業者の特徴は、最低でも5年以上は運営実績があること、本物保証をしているところ、業者の所在地がしっかり書かれていること、住所に建物が存在していること、などです。
口コミの数が多いところはそれだけ利用している人が多いということなので、安心できる業者の判断基準になります。
日本語で対応してくれるサイトであれば、支払いの時も混乱しにくくて安心できます。

安く買うなら通販に限る!

シアリスを安く買うならば、ネット通販が一番です。
病院処方のシアリスは保険が一切きかないので、日本全国どこの病院に行っても高いです。
シアリスは生活改善薬のジャンルに分類されているので、保険が適用されず全額自己負担になってしまいます。
病院は初診料と診察料がかかりますし、2回目に利用する場合も病院に行っては再診料を取られることがあります。
シアリスは10mgと20mgがあり、それぞれ1錠あたり1500円、2000円が平均価格になってますが、これは病院でもネットでも同じくらいの価格です。

ただし、病院は診察料を取られるということを考えると、通販の方が安く買えます。
病院処方では診察代も含めると1錠あたり5000円~1万円くらいかかってしまうこともありますが、ネットであれば薬代だけで済むので安くなります。
近くに病院がない人だと交通費もかかりますが、ネットはパソコンやスマートフォンからいつでも好きな場所から注文することができるので交通費も抑えることが可能です。

さらに安く入手したいのであれば、シアリスのジェネリック薬を利用するといいです。
シアリスよりも安く、全く同じ薬として使うことができます。
種類もいろいろあり、安いものだと1錠あたり200円程度で入手することが可能です。

ジェネリック薬は安くて人気があるためネット通販で売り切れていることもありますが、その点に注意して用意しておけば問題ありません。
さらに安く利用したいのであれば、シアリスのジェネリック薬を分割して使えば単価を安くすることができます。
シアリスは外国人向けに作られた薬なので、日本人は半分でも十分という人も多いので、より安く利用したいならこの方法も試してみるといいです。

このサイトについて

シルデナフィルにバルデナフィル、勃起不全を解消するための成分は様々ありますが僕の体に一番合ったのは「タダラフィル」です。シアリスの成分でとにかく効果時間が長い!色々なED治療薬を試してきた僕の目線でブログを更新します。

フォローはこちら