タダラフィルについて説明する医者

タダラフィルとは、勃起不全に対して用いる薬に使われている成分です。
勃起不全といってもその程度はさまざまで完全に勃起をしないような状態から、勃起が持続しない場合、またパートナーが満足するまで勃起を保つことができないといったものも含まれます。
勃起不全に用いられる成分はタダライフィルを含めて、血流を良くすることで十分な勃起力を持たせるというものです。

病理としては勃起を止める酵素であるPDE5(ホスホジエステラーゼタイプ5)を阻害するというものです。
つまり、勃起を収めようとする成分の働きを抑えることによって勃起を維持するのがタダラフィルの役割です。
このPDE5に作用するため、タダラフィルはPDE5阻害薬とも呼ばれています。

なおタダラフィルは勃起をしやすい状態にするだけであり性欲を高める成分はありません。

タダラフィルを服用する際の注意点

タダラフィルを手に乗せるイメージタダラフィルに限らず、勃起不全に対処するための成分、特にPDE5阻害薬を体内に取り入れた場合にはさまざまな作用をもたらすことが知られています。
このためタダラフィルを処方してもらう場合には、注意点をよく理解した上で服用する必要があります。

まず、タダラフィルの働きとしてはセックスを行う3時間から4時間前に服用する必要があります。
吸収速度は1時間から4時間の幅があるので、効果がはやく出る人は1時間程度で発現しますが、遅い人は4時間程度になります。
その一方で効果としては10mgで20時間から24時間、20mgで最大36時間程度作用します。
これは他の勃起不全薬の成分が、発現までに1時間程度であり、効果の持続時間が5時間程度なのと比べるとタダラフィルの働きは非常にゆっくりとしたものです。
なお、1日の服用は1回として次の服用は最低でも24時間以上とすることが求められます。
ただ20mgでは24時間以上成分が残ることがあるので、連用は避けた方が無難です。

タダラフィルの併用忌避

またタダラフィルには併用忌避が多くあります。
特に循環器系に作用するため、心臓や血圧に作用する硝酸剤(ニトロ製剤)、β遮断薬の一部は併用忌避薬になっています。
また網膜に対しても影響を与えるため緑内障の薬も一部が併用禁忌薬となっています。
いずれにしても普段から服用している薬が悪影響を及ぼさないか確認した上でタダラフィルを使う必要がありますし、また過剰に摂取した場合には心臓などに負担を与え、死亡する例もあるので心臓疾患などがある場合には使用しない方が無難です。

タダラフィルと食事の関係

勃起不全の薬の使用時の注意点として食事制限がありますが、タダラフィルは他の薬の成分よりも影響を受けにくいとされています。
ただ食事には800kclという制限が付いているため食後に服用をする際には食事内容に注意する必要があります。
基本的にはあっさりとした食事であれば問題ありませんが、高カロリーの食事の場合にはタダラフィルによる十分な効果を得ることができない場合があります。
その一方でタダラフィルそのものは効果が発現するまでに時間が掛かりますがその反面で持続時間が長いといった特徴があります。
このため他の勃起不全の成分と異なり、食前に服用しておき成分を体内に満たしておくというのも対処法のひとつです。

タダラフィルの副作用

タダラフィルのマイナスに作用する注意点としては、顔のほてり、目の充血、頭痛、鼻づまりなどがあります。
これは他の勃起不全の薬においても同様の注意点で、血流が良くなることで発現します。
ただし、これらは重篤な症状に繋がることはなく、反対にいえば成分が体内に十分に満たされている証拠といえます。
なお、タダラフィルは効き目がマイルドなため、このようなマイナスの症状もマイルドに発現します。
またこれらの症状はそもそも性的興奮によって気分が高揚しても、症状が出るので重篤な循環器系への作用と比べるとそれほど気にする必要はありません。
これらの症状を抑えるために市販の頭痛薬や鼻炎薬を併用しても問題ありません。

なお、タダラフィルを使用し続ける注意点としては、効果そのものは減少することはありませんが、勃起不全となる原因として糖尿病、高血圧、高脂血症などが進行したり、加齢が進行すれば効き目が弱くなると感じる場合があります。
この場合にはタダラフィルが悪いのではなく身体そのものの問題といえます。
タダラフィルはあくまでも勃起しやすい状態にするのが働きですから、さらに勃起を阻害する要因が強くなる場合には効果は減ります。
このためタダラフィルを含めて勃起不全の薬を服用する場合には、薬の成分だけに頼るのではなく健康的な体づくりとセットで行う必要があります。
また勃起不全になる理由として心因性があり、健康な場合にはタダラフィルなどを使って自信を持つことで薬に頼らなくても勃起不全を改善することができます。

自分が勃起不全かどうかを調べる方法

タダラフィルを含めて勃起不全の薬を服用する際には、勃起不全である必要があります。
健康である人がタダラフィルを飲んでも、勃起力を高めるといった効果を得ることができますが、循環器系への負担も大きいため勃起不全でないにも関わらず服用するといったことは避ける必要があります。
また健康な人に対してはクリニックでも処方しない場合もあります。

診察をする医者自分が勃起不全かどうかを調べる方法としては、クリニックに行って、問診や検査をしてもらって判断してもらうか、自宅でも簡単なセルフチェックでも知ることができます。
勃起不全といってもその幅は広いため、どの程度の症状でタダラフィルのような勃起不全を改善する薬を使用したら良いのかを、まずは判断する必要があります。

性的刺激を受けてもまったく勃起しないといった場合には、ほぼ100%勃起不全と判断できます。
このあたりはセルフチェックでも病院の検査でもわかりやすいもので、そのような状態であれば、まずタダラフィルなど勃起不全を改善するための薬が必要です。

なお、ここで注意すべきは性欲があるにも関わらず勃起しないことや生理現象として勃起しないものである必要があります。
性欲というのは個人差があり、考え方や加齢によって性欲が失われるケースもあり、勃起しないことが必ずしも病気というわけではありません。
このため性欲そのものがない場合には性的な刺激を受けても勃起することはありませんから、この場合には勃起不全には分類されません。

一方で生理現象として男性のペニスは定期的に勃起しています。
特に症状として知ることができるのが朝立ちです。
これは睡眠から起きると勃起しているというものですが、これは朝だから勃起しているのではなく睡眠中に勃起しているためです。
この勃起は生理現象であり性的刺激とは別に発生しています。
つまり、朝立ちが発生していないような状況においては、何らかの原因で勃起しない状態になっている可能性があるということです。
このため重篤な勃起不全であるかを調べるセルフチェックのポイントになっています。

なお、完全に勃起が起こらない勃起不全は非常にわかりやすいものですが、わかりにくいのが勃起はするが、それが持続しないというものです。
この程度もペニスを膣内に挿入することが出来ないぐらい重症なケースもありますし、勃起は出来ても途中で萎えてしまうといった場合、さらに女性が満足するまで勃起を維持することができないというものです。
また変わったケースとしてはオナニーであれば勃起し正常に射精できるがパートナーとセックスする際にはそれらが正常に出来ないといった場合も勃起不全といえます。

ただここで問題となるのが心因性で起こるケースと身体の機能が低下することで発生する場合です。
心因性は気分を変えることで改善することができますが身体の機能に問題がある場合には、タダラフィルなどに頼る必要があります。
また心因性でもタダラフィルを用いて自信を取り戻すことで改善することが可能です。

勃起不全であるかセルフチェックする場合には自身の身体の状態を見るほかにも国際勃起機能スコアに基づく質問票からも知ることが可能です。
これらはクリニックに行った際に最初に行われる問診と同じ内容のもので、主な質問内容としては、勃起をして維持する自信、性的刺激によって勃起した時にどれくらいの頻度で挿入可能な硬さになったか、セックス時に挿入後にどれぐらいの頻度で勃起を維持できたか、セックスの際に終了するまで勃起を維持することが困難であったか、セックスをした結果に満足することができたか、といったものです。
これらをスコア化して一定の数値を超えると勃起不全と判断されます。
いずれにしてもセルフチェックで自信が勃起不全であるか、まずは知ることが重要です。

勃起不全だった場合の対処法

勃起不全だった場合の対処法としては、心因性か身体に問題があるのかを知る必要があります。
人間は非常にデリケートな生き物でストレスなどでも勃起不全になることがありますし、またセックスが上手く行えないことを悩んで勃起不全になることもあります。
これら心因性の勃起不全の対処法は出来る限りリラックスした状態にして自信を取り戻すことです。

自信を取り戻す方法としては経験を積むことで、パートナーと協力することが不可欠です。
ただ、パートナーを一方的に満足させたいといった場合には、努力が必要です。
勃起不全の原因として考えられるのが糖尿病、高血圧、高脂血症などで、これらは不摂生によって発生します。
このため健康な身体にすることが重要です。
ちょっとした運動でも十分にストレスを解消することができますし、また病気も改善することができるので一石二鳥といえます。
しかし、運動などは身体からストレスを取り除くものであり、勃起能力を高めるためには別の努力が必要です。
もちろんタダラフィルを含むシアリスなどのED治療薬を使うのが手っ取り早く改善出来る手段ではありますが、シアリスは先発医薬品故に価格が高めなのがネックです。
しかし最近ではジェネリック医薬品が発売されており、もちろんシアリスのジェネリック医薬品も発売されています。
特にメガリスが人気なようで、個人輸入代行業者を通して通販で購入することも可能ですので興味のある方は使ってみてはいかがでしょうか?

精力を高めて勃起能力向上

勃起能力を高めるためには精力を高めることです。
これはタダラフィルを服用していても行うべき努力です。
タダラフィルはあくまでも勃起をしやすくするというだけで精力を高めることはできません。
このため不健康な人がタダラフィルを服用することは無理やり勃起させていることになります。
無理やり勃起させてセックスに臨むと身体への負担が大きくなり、かえって、心臓などに負担を掛ける原因になります。
このためタダラフィルを含めた勃起不全の薬が処方される際には健康状態もチェックされます。

精力を高める方法としては、食事の改善のほかサプリメントなどがあります。
基本的には食事の改善で特に男性ホルモンを多く分泌させる食事を摂ることが重要です。
サプリメントはそれらで補えない成分を補充する程度に留めることが大切です。

いずれにしてもタダラフィルなどの効果的な勃起不全の薬が登場するまでは、滋養強壮、精力を高めることで勃起不全に対処してきたため、まずはタダラフィルに頼る前に精力を高めるのが基本の対処法です。

心因性の勃起不全は自信を取り戻せ

一方で身体は元気であるのに勃起不全である場合の対処法は心因性であれば自信を取り戻すことです。
勃起というものは性的な刺激を感じて脳が指令物質を出すことで発生します。
この際に失敗による恐怖心や緊張がある場合には十分にその指令物質が分泌されません。
この結果、勃起はするものの挿入まで持たない、または挿入したものの維持できないといった原因になります。
これらは回数をこなして自信を付けるといった方法がありますが、やはり心因性のものはどこかで引け目を感じて持続しない原因になります。
このような場合にはタダラフィルが効果的です。
理由としてはタダラフィルの成分は血流を良くするほかに勃起を鎮めようとする酵素の働きを阻害するためです。
つまり、最初は十分な勃起が出来るような人でそれが持続できない人には特にこのタダラフィルの働きは効果的にあらわれます。
タダラフィルによって十分な硬さの勃起を維持することができ、満足いくセックスが出来るようになれば自然に自信を取り戻すことも可能です。

ただし注意しなければならないのが、薬を使用していなければ満足いくセックスが出来なくなる場合です。
このような場合にはかえってタダラフィルを使用することが逆効果になってしまいます。
このためタダラフィルなど勃起不全の薬は過度に使用するのは避けた方が無難です。
また身体の機能の低下そのものが勃起力を低下させる原因になり、健康な状態を維持することができなければ、タダラフィルを使っても勃起不全の改善が行えなくなる場合があります。

このため勃起不全になった場合には、勃起の原因のほか身体の健康状態の向上にも努力する必要があります。
健康状態が改善すればタダラフィルに頼らずに満足いくセックスをすることができますし、またタダラフィルを使ってもより力強い勃起力を手に入れることができます。

このサイトについて

シルデナフィルにバルデナフィル、勃起不全を解消するための成分は様々ありますが僕の体に一番合ったのは「タダラフィル」です。シアリスの成分でとにかく効果時間が長い!色々なED治療薬を試してきた僕の目線でブログを更新します。

フォローはこちら